Stephen Karnas

ユーザー Stephen Karnas の写真

Steve is editor, writer and contributor for AkihabaraNews.

In addition to his involvement with AkihabaraNews, Steve is Co-Founder and Director at WIXI, a domain marketplace, registrar, and parking provider based in Tokyo.

Steve is a veteran of the domain industry.  He joined Register.com in New York City in 2000 and worked closely with its management team in the area of strategic corporate development.

In 2002, Steve joined Darshaun and Solis Corporation, becoming Chief Operating Officer and Director and running the daily operations of the company.  After Solis was acquired by GMO Internet in 2005, Steve stayed on for 3 years to run Solis as an internal team within GMO.

Before joining the domain business in 2000, Steve worked with Putnam Investments, an asset management company in Boston, in their Corporate Development group.  Before that he was with Strategic Management Group, a management and financial consultancy in Philadelphia.

Steve earned his BS in Finance from Georgetown University in Washington, DC.

Akihabaranews.com .みんな new gTLD domain

Googleが初の日本語トップレベルドメイン(gTLD)の提供を開始しました。

「インターネットはみんなのもの」という想いを込めてつくられたドメインなので、コミュニティを表現するドメインとして活用されそうですが、「こっち.みんな」ですとか「テレビ.みんな」などネガティブな意味を含んだ面白いドメインも出てくるのではないでしょうか。



ここで、少しだけドメインについて説明させてください。

Akihabaranews - Girls of Tokyo Game Show 2013

大盛況の東京ゲームショウ2013。AkihabaraNewsは、沢山の素晴らしい新作ゲームを目にすることができましたが、そこら中に居るコンパニオンのお姉さん達を無視することはできませんでした・・・。そこで、皆さんに少しだけ「東京ゲームショウ2013・ガールズコレクション」をお見せいたします :)

東京ゲームショウ2013・ガールズコレクションの高画質写真をもっと見たいならこちら

 

 

 

 

Akihabaranews - Girls of Tokyo Game Show 2013

大盛況の東京ゲームショウ2013。AkihabaraNewsは、沢山の素晴らしい新作ゲームを目にすることができましたが、そこら中に居るコンパニオンのお姉さん達を無視することはできませんでした・・・。そこで、皆さんに少しだけ「東京ゲームショウ2013・ガールズコレクション」をお見せいたします :)

東京ゲームショウ2013・ガールズコレクションの高画質写真をもっと見たいならこちら

 

 

 

 

Tokyo Game Show 2013 - On the Ground at Gaming's Premiere Event

2013年9月19日から幕張メッセ(千葉県千葉市)開催し、今週末は一般公開される世界最大規模のゲーム見本市「東京ゲームショウ2013」。今年のテーマは「GAMEは進化し続ける。」で、過去最多の33の国と地域から352企業・団体(海外162社)が参加しています。AkihabaraNewsチームは初日に行って参りました。

見所といえば、2014年に発売予定のソニー・コンピュータエンタテインメントの"PS4"やマイクロソフト"Xbox One"が一般公開され同時に体験することができるため、ブースには長〜い行列が!米ロックスターゲームズ社の「グランド・セフト・オートV / Grand Theft Auto V」など海外ゲームの大きなブースも目立っていました。しかし、ゲームだけが「東京ゲームショウ2013」の見所ではありません。各企業の制服やコスプレ衣装をまとったゴージャスなコンパニオンのお姉さん達が会場に花を添えてくれています。

世界中から注目を集める「東京ゲームショウ2013」は9月22日まで開催されていますので、新作ゲームでもお姉さん目当てでもオッケーなので是非参加してみては?

Let's Visit Tokyo - Summer Taiko in Ebisu!

日本の伝統楽器“和太鼓”の雷みたいな勇ましい音は、団体で演奏することにより一層迫力が増し、調整された一体感を生み出します。

Let's Visit Tokyo でも取り上げられた恵比寿の夏祭りは、出演者にも観客にも外国人が目立ち国際的な雰囲気があるのが特徴です。

恵比寿駅前で行われた、力強い和太鼓の演奏をお楽しみください!

日本の伝統食・寿司事業拡大の裏には先端技術あり

世界のあらゆる国で食べられている“寿司”は、日本の伝統食です。2貫で1皿100円程度のとても手ごろな値段と入りやすさで成長してきた回転寿司店は日本各地に何千店も存在します。

寿司業界はより発展をするために日本の高度な技術を生かし、精密なロボットやハイテク化したサービスを次々に産み出しました。しかしそれは板前さんの表舞台を奪っている事実もあります。

大人になってもその名前??子供達に広がる新現象『キラキラネーム』

日本の子供達の名前の新しい傾向に『キラキラネーム』現象が広がっています。
キラキラとは文字通りには『光る』や『きらめく』などの意味がありますが、それよりも響きや見た目を面白く可愛いくさせることを重視させて名前をつけるそうです。

Massive 7.8 Earthquake Hitting Nara Prefecture in Japan was a False Alarm

 

昨日日本中をパニックに陥れた大地震の誤報によって、情報を求めて主要ニュースサイトへのアクセスが集中し、Yahoo!JAPANを含む多くのサイトがダウンまたはアクセスし辛い状態になるという事態が発生しました。

実際には、同時刻に和歌山県でマグニチュード2.3の自信を計測。なぜこのような過大予想になったのか、またこの誤報に関連したトピックで現在もブログやTwitterが盛り上がりをみせています。

 

Casio - 強力な手ブレ補正 - 「ハイスピードエクシリム」

強力な手ブレ補正を実現した、広角25mm・光学18倍ズームレンズ搭載「ハイスピードエクシリム」『EX-ZR800』が8月23日よりカシオ計算機から発売されます。

カシオのデジタルカメラはハイスピード技術を駆使しながらも、タイムラグ・ピンぼけ・手ブレを限りなくゼロに近づける「TRIPLE ZERO」の開発テーマに、コンパクトデジタルカメラの可能性を徹底的に追求しています。

そしてイルミネーションや夜景、はしゃぎ回る子供や鳥が飛び立つ瞬間、遠くにある被写体など、ユーザーが撮りたいと感じた瞬間を可能な限り最高に撮ることができるカメラの実現を目指しています。

手ブレ補正に加えて撮影機能も強化。ゆっくりとした雲の流れや、車や人々が行き交う街の様子など、長時間の変化を短時間に圧縮して楽しむことができる「タイムラプス」を新たに搭載しました。

EX-ZR800

カラー:  ホワイト、ブラック、レッド
発売日:  8月23日
価格:   未定
液晶:   92万画素・3.0型高精細液晶
 
Panasonic - 鈴鹿サーキット - [充電式エボルタ]を動力にしたカーイベント

「充電式エボルタ」を動力にした次世代エネルギーカーイベント「2013 Ene-1 GP SUZUKA」が、8月4日に三重県の鈴鹿サーキット国際レーシングコースにて開催されました。(主催 モビリティランド、オフィシャルパートナー Panasonic)

このレースの特徴は、動力がニッケル水素電池「充電式EVOLTA」40本の最初の充電のエネルギーのみです。各チームが独自に制作した一人乗りEV(電気自動車)で、1周(5.807km)のタイムアタックを3回行い、走行タイムの合計で競います。

Panasonic - ドライブカメラ機能搭載 - SSDポータブルカーナビゲーション「ゴリラEYE(アイ)」

パナソニック株式会社より、SSDポータブルカーナビゲーション「ゴリラ」の新製品5機種を2013年9月20日より順次発売されます。

Nikon - 小型・軽量、簡単操作のスピードライト「SB-300」を発売

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、簡単操作で気軽に持ち歩ける小型・軽量のスピードライト「SB-300」を発売します。

「SB-300」は、上方向120度までのバウンス機構を備える、小型軽量のスピードライトです。FXフォーマット、DXフォーマットのニコンデジタル一眼レフカメラのほか、i-TTL調光対応のニコンコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX」に対応。簡単に多彩なライティングを楽しむことができ、表現力が広がります。

発売概要

Nikon バリアングル液晶モニター採用で自分撮りも簡単にできる、光学12倍ズーム搭載の多機能モデル「COOLPIX S6600」を発売

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)の子会社、株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、COOLPIX Sシリーズ初となるバリアングル液晶モニター採用モデル「COOLPIX S6600」を発売します。

「COOLPIX S6600」はCOOLPIX Sシリーズで初めてバリアングル液晶モニターを採用したモデルで、自分撮りをはじめローアングルからハイアングルまで多彩なアングルでの撮影が楽しめます。また、手のひらでカメラをリモートコントロールできる「ジェスチャー操作」を新搭載しています。カメラから離れた状態でも撮影やズーム操作ができ、さまざまな構図での自分撮りが可能です。

株式会社ニコン 株式会社日本網膜研究所への出資に関する合意のお知らせ

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)は、株式会社日本網膜研究所(社長:鍵本 忠尚、福岡県福岡市、以下「日本網膜研究所」)との間において、本日付けで、株式引受契約書(以下「本契約」)について合意しました。

本契約に基づき、当社は、日本網膜研究所による5億円の第三者割当増資を引き受けることで、自社のコア技術である光学および画像技術を活用し、日本網膜研究所が取り組んでいる、世界初の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を利用した、網膜疾患を適応症とする再生医療の実施を見据え、その実用化を支援していきます。

日本網膜研究所は、独立行政法人理化学研究所(理事長:野依 良治、埼玉県和光市、以下「理化学研究所」)認定のベンチャー企業であり、理化学研究所が発明した日本発のiPS細胞技術に関わる特許の実施許諾に基づき、iPS細胞から分化誘導した網膜色素上皮細胞移植による、加齢黄斑変性の新たな治療法の開発を目指しています。また、当該治療開発を端緒として、視細胞移植、網膜再生薬、検査法開発等により、現在の難治性網膜疾患を治療可能な疾患にすることを目指しています。

恵比寿駅前盆踊り 夏祭りシーズン到来!東京に遊びに行こう

夏祭りは日本の伝統の一つであり、地域によって様々なやり方で執り行われています。

毎年恵比寿で行われている『恵比寿駅前盆踊り』は『真夏のダンス・フェスティバル』とも呼ばれ、

多くの人々が集まり伝統的な踊りを踊ります。
 
イカ焼きなどの気軽に食べられるフードや、独特な祭りの雰囲気を子供たちははしゃいで遊び、大人たちはお酒を酌み交わして楽しみます。写真の男の子が夢中に食べているのタコ串ですね。
 
そして恵比寿駅前盆踊りオリジナルソング『HEY!MR えびす』に合わせて踊れば祭り好きは大盛り上がりです!