Sharp

 

これは、シャープとPixtronix社が、次世代のディスプレイとして共同で開発中の「IGZO MEMSディスプレイ」です。

各画素上に設けた微小なMEMSシャッターを開閉して光の量を制御することで、階調を表示し、シャッターの背面にバックライトとして置いたR、G、 BのLEDを順番に点灯させることでカラーを表示する仕組みで、あらゆる環境下で視認性と色再現性が高く、消費電力を格段に低くできるのが特徴です。

"既存の液晶と比べると、まず色を付けるカラーフィルターと色を遮る偏光板がありませんので、その分、光の減衰がありませんので、光を有効に利用できます。バックライトからの光が直接目に届くことによる高純度な色、明るさを見ていたただきたいと思います。"

光の利用効率は、カラーフィルターを使う従来の液晶の約10倍程度で、低消費電力を重視したモードと色再現性を重視したモードを切り替えるといった使い方が可能です。

また、微小なシャッターの駆動回路を構成するTFTに、環境温度に対する特性の変動が少ないIGZOの技術を応用したことで、幅広い温度条件で使うことができます。

 

"このイスは、体調を調べるためのセンサが数種類埋め込まれていまして、座るだけで血圧、体温、体動、脈の波形などを一気に採る事ができまして、日常の健康を管理する上で非常に有益な情報をクラウドに上げることができます。"

"いろいろ話を伺うと、ひとつひとつ測るのが面倒くさい、時間がかかる、できることなら一気に体に関する情報を獲得し たいという話を頂きました。そういうものをまだ大きいですができるだけコンパクトにして、皆さんが集まるような場所で日頃の健康というのをどんどん採って 頂いて、なにか変化があった時には早めにお医者さんに相談して頂けるようにといったことを考えています。"

"異常が見つかった時には、ビデオカンファレンスで遠隔地のお医者さんと相談できるシステムを考えています。データは蓄積されていますので、担当の医師の方はそれまでの情報を閲覧しながら適切なアドバイスができるようになっています。"

"今病気で、お医者さんにかかっている方ではなく、健康な方が日常の健康維持のことを考えながら、もしもの時に備える、もしくはより良い生活を送って頂くという所を対象と考えています。"

Sharp Electronic notebook WG-N20



Sharpから、最大2,000ページ分の手書きノートデータを保存できる手書きノート「WG-N20」が8月8日に発売開始となります。

紙のノートに書き込む感覚でスラスラ画面に書き込むことが可能。最大2,000ページ・100冊のノートを保存できるので、プライベートからビジネスまで簡単にデータを管理・閲覧することができます。暗証番号でのロックにも対応。

付属のmicroUSBケーブルで本体とPCを接続すると、電子ノートのデータをパソコンへ、またはパソコンから画像データなどを電子ノートへ取り込むことができたり、バックアップも行えます。

価格: オープン
カラー: ホワイト、ブラック
ディスプレイ: 6型、600×800ドット、メモリ液晶
サイズ: 幅111×奥行155×厚さ9.9mm(本体のみ)
質量: 約210g(本体のみ)
電源: リチウムイオン充電池
使用時間: 約30日
付属品: スタイラスペン、専用カバー、microUSBケーブル

Via: Sharp