RIJ

株式会社ニコン 株式会社日本網膜研究所への出資に関する合意のお知らせ

株式会社ニコン(社長:木村 眞琴、東京都千代田区)は、株式会社日本網膜研究所(社長:鍵本 忠尚、福岡県福岡市、以下「日本網膜研究所」)との間において、本日付けで、株式引受契約書(以下「本契約」)について合意しました。

本契約に基づき、当社は、日本網膜研究所による5億円の第三者割当増資を引き受けることで、自社のコア技術である光学および画像技術を活用し、日本網膜研究所が取り組んでいる、世界初の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を利用した、網膜疾患を適応症とする再生医療の実施を見据え、その実用化を支援していきます。

日本網膜研究所は、独立行政法人理化学研究所(理事長:野依 良治、埼玉県和光市、以下「理化学研究所」)認定のベンチャー企業であり、理化学研究所が発明した日本発のiPS細胞技術に関わる特許の実施許諾に基づき、iPS細胞から分化誘導した網膜色素上皮細胞移植による、加齢黄斑変性の新たな治療法の開発を目指しています。また、当該治療開発を端緒として、視細胞移植、網膜再生薬、検査法開発等により、現在の難治性網膜疾患を治療可能な疾患にすることを目指しています。