Osaka

大阪には昔から数多くの製薬企業があります。2013年に誕生したグランフロント大阪にオフィスを構えるNPO法人バイオグリッドセンター関西は、 現在、スーパーコンピュータを利用して薬品を創るインシリコ創薬と呼ばれる新たな基盤構築のプロジェクトに大学や製薬企業とともに取り組んでいます。これ まで医薬品の開発には長い年月と巨額の費用がかかってきましたが、インシリコ創薬では「京」コンピュータを用いる事で大きく効率化する研究が進められてい ます。

"もともとスーパーコンピュータとバイオ分野の融合という事で始めたんですけど、ちょうど2011年頃にですね、スパ コンの「京」が神戸に出来るという事を受けて、じゃあ製薬産業、創薬産業でスパコンを使った産業利用が出来ないかという事で、ちょうど京が共用開始になる タイミングに合わせて我々もプロジェクトメイキングして産業利用という事で手を挙げさせて頂いた。" バイオグリッドセンター関西は京都大学の奥野教授が「京」を利用して開発されたIT創薬と製薬会社とを繋ぐ架け橋となる活動をしています。「京」インシリ コ創薬基盤の構築のプロジェクトでは11社の製薬企業が参画し、プロジェクトの下で企業の壁を越えた議論が日々成されています。