NASA

Koichi Wakata in Space - AkihabaraNews.com
Vol. 27では、若田飛行士がISSの観測用モジュール「キューポラ」から地球への思いを語っているシーンが撮影されました。「キューポラ」は、英語で"半球天井"と意味で、その建築基準が"半球天井"と似ていることから名付けられました。また、スターウォーズ・シリーズに搭乗するミレニアム・ファルコンのコックピットと比べられることも良くあります
Koichi Wakata in Space - AkihabaraNews.com

地球低軌道からYouTube動画更新
現在ISS(国際宇宙ステーション)に長期滞在中の日本が誇る宇宙飛行士・若田光一飛行士は、毎週YouTubeを通して映像を配信し、地上で生活する私たちに宇宙を知ることができる機会を与えてくれています。

私たちの頭上400km(250マイル)に浮かぶISSから、他の飛行士たちや地上のJAXAスタッフと協力し、大変興味深い写真やツイート、バイリンガルのYouTube動画を作成・配信されています。今週の動画をお楽しみ下さい!

NASA - ロケット部品を3Dプリンターで作る実験に成功

 

近頃話題の多い3Dプリンターですが、米航空宇宙局・NASAでも3Dプリンターを使ったロケット部品作りの実験が行なわれ、見事成功したとのこと。

ニッケルクロム合金粉の層を作ることで部品を成形する「セレクティブ・レーザー・メルティング」と呼ばれる方法を採用。将来的には、3Dプリンターを導入すると、ロケットを作成するコストが70%、制作もこれまでの1年から4ヶ月に短縮できるそう。

特殊な3Dプリンターを使い、ごう音を立て火を吹きながらエンジン部品を成形する様子はこちら:

 

Photos by CNET