Android

Googleが腕時計型ウェアラブル端末プラットフォーム - Android Wear - を発表しました。

OEMメーカーはこのOSを利用して自社製品を開発することが可能です。LGやMotorolaは既にAndroid Wearを採用したスマートウォッチのプロトタイプを公開しており、2014年中に発表する予定としています。

機能としては、「OK, Google」と端末に呼びかけた後に質問やキーワードを投げかけることによって、例えば、どれくらいカロリーを消費したか、フライトの出発時間、音楽の再生、野球の試合の特典、タクシーを呼んだり、レストランの予約、目覚まし時計のセットなど、欲しい情報を提供・実行してくれます。また、健康管理やフィットネスモニター機能、他デバイスとの連携機能も搭載。

今年後半はAndroid Wearを搭載したスマートフォンのリリースで盛り上がりそうな予感がします。

利用イメージ: