REVIEW: Casio Selfie-Cam (Me, Myself & I)
DIGINFO TV
- 6月 12, 2015
ポリウレタン樹脂の開発や製品開発に特化して事業展開しているポリシスは摂氏60度以上の熱に応答し、粘土状になるプラスチック「ハプラフリーレ」 を販売しています。
Editor
- 5月 27, 2015
パナソニックはLEDを光源として使い、そこから発信されるさまざまな情報を載せた光ID信号をスマートフォンで読み取れるようにした技術を開発しました。
DIGINFO TV
- 5月 01, 2015
桑名商事は「モノ作り企業ビジネスマッチングフェア」において、国の支援を得て開発した皮膜に有害物質を含まない高機能の無電解ニッケルめっきを展示しました。
Nayalan Moodley
- 9月 15, 2014
REVIEW: Casio Selfie-Cam (Me, Myself & I)

カシオEX-TR35の奇妙な特徴
まずスペックから見てみると、12メガピクセル、23分の1インチバックライト搭載CMOSセンサーを3.8mm(フルフレームは21mmのそれとほぼ同じ)レンズと併せ、それをコンパクトだがイマイチパッとしないプラスチックのボディーに取り付けていることが分かる。

REVIEW: Casio Selfie-Cam (Me, Myself & I)

横浜市のメディトレックは指をソフトコンタクトレンズに触れさせないで着け外しすることができる「メルル」を2013年7月より販売しています。

"ソフトコンタクトレンズを使うためには、眼下で装用練習という練習を行ってから着け外しをすることになります。その 中でも着け外しがしにくい人達も結構います。中には装用練習ができなくて、そうしてすごく難しいと思ってコンタクトレンズを辞めてしまう人もいる。それを 簡単にできて、目に傷をつけさせないで楽にできれば、できない人たちが救われる。"

シリコンは目にアレルギーを起こさせないことから、メディトレックが開発したメルルは装着用、着脱用ともゴムでなくシリコンを素材に使っています。 装着用では、コンタクトレンズを摘むのではなく、吸いつけることで指を使わずに使えるようスティック形になりました。着脱用はピンセットになっています。 コンタクトレンズを吸いつけ、乗せ、着ける時の角度と、摘みだす時の角度も微妙なことから両方とも金型だけでも10数回製作されました。

DIGINFO TV - 3月 24, 2014

横浜市のジョブは携帯型X線撮影装置ポルタシリーズで人間用2機種、動物用3機種の合計5機種を販売しています。同社は1997年から開発をスター トさせ2006年に最初の製品を商用化し、主に海外を中心に販売をしています。小型軽量で耐久性に優れたポルタシリーズは現在横浜工場で生産されていま す。

"これは動物用です。特に馬の足とか、そう言う所を撮影するのに使われています。主に馬ですので、欧州やアメリカ市場に相当数が出ています。ユーザーは動物病院だとか、獣医さん、それから競走馬の牧場などで使われています。"

人間用は2010年から発売しています。動物用と人間用装置の性能に大きな違いはありませんが、日本では薬事法、アメリカではFDA、ヨーロッパではCEマーキングの規制をクリアすることで人間用の販売が実現しました。

"当社は動物用で相当実績を積んでおりまして、すでに動物用で世界で2000台ぐらい販売しています。この技術を人間用に展開して今後人間用の需要が相当見込めますので、これを展開して行く方針です。"

Yoriko Takahashi - 3月 20, 2014

昨日AkihabraNewsでも取り上げた通り、LGエレクトロニクスは、Googleのスマートウォッチ向けプラットフォームAndroid Wearを採用したウェアラブル製品のリリースを予定しています。そこで、LGは、「LG G Watch」のスペック詳細を今後数ヶ月間の間に発表することを発表しました。

Googleが腕時計型ウェアラブル端末プラットフォーム - Android Wear - を発表しました。

OEMメーカーはこのOSを利用して自社製品を開発することが可能です。LGやMotorolaは既にAndroid Wearを採用したスマートウォッチのプロトタイプを公開しており、2014年中に発表する予定としています。

機能としては、「OK, Google」と端末に呼びかけた後に質問やキーワードを投げかけることによって、例えば、どれくらいカロリーを消費したか、フライトの出発時間、音楽の再生、野球の試合の特典、タクシーを呼んだり、レストランの予約、目覚まし時計のセットなど、欲しい情報を提供・実行してくれます。また、健康管理やフィットネスモニター機能、他デバイスとの連携機能も搭載。

今年後半はAndroid Wearを搭載したスマートフォンのリリースで盛り上がりそうな予感がします。

利用イメージ:

キーストーンテクノロジーのLED菜園システムは太陽光に代わりLEDを使う室内植物工場用栽培装置です。横浜の同社体感型ショールームで公開されているこのシステムの一番の特徴は土地を立体的に使うことです。

"こちらは5段式の栽培装置ですが、少し小振りなレタスでしたら1ヶ月に1,500株ほど収穫する事ができます。それを20フィートぐらいのコンテナの中に納めると300坪に匹敵します。ですから5坪で300坪に匹敵する量を生産できます。"

LEDには赤、青、緑の3つの異なる波長があり、このシステムでは、植物の成長段階に合わせて、光の強さの度合いをコントロールすることができます。それにより農地栽培では1回の栽培に2.5ヶ月ぐらいかかるところを、1ヶ月かからないで栽培、収穫することが可能です。

Sigma dp2 Quattro Interview - AkihabaraNews.com

ハイテクツールなのに極めて伝統的なワイルドなヤツ

先日開催された「CP+ 2014」(カメラと写真の総合展示会)へAkihabaraNewsも参加してまいりました。最も印象に残ったカメラを選ぶ必要があるならば、まず候補に挙げたいのはSIGMAの【dp2 Quattro】。機能性はもちろん特にユニークな外観が訪れた人の目を引き、多数の展示物の中で目立っていたカメラです。

Koichi Wakata in Space - AkihabaraNews.com

地球低軌道からYouTube動画更新
現在ISS(国際宇宙ステーション)に長期滞在中の日本が誇る宇宙飛行士・若田光一飛行士は、毎週YouTubeを通して映像を配信し、地上で生活する私たちに宇宙を知ることができる機会を与えてくれています。

私たちの頭上400km(250マイル)に浮かぶISSから、他の飛行士たちや地上のJAXAスタッフと協力し、大変興味深い写真やツイート、バイリンガルのYouTube動画を作成・配信されています。今週の動画をお楽しみ下さい!

REVIEW: Mobile Clean & Go - AkihabaraNews.com
Mobile Clean & Go は、手軽に使えるスクリーン・レンズクリーナー。携帯電話、スマートフォン、タブレット、カメラのパネルやレンズ、サングラスに最適です。ポケットに入れてもかさばらないコンパクトな容器に入っています。

バックトゥザフューチャー Part II に登場したパワーレース機能付きのスニーカー "NIKE MAG"(Power Lace/自動で靴ひもを締めるスニーカー)を覚えている方は多いのではないでしょうか?

ページ