2Dイラストを立体的に360度動かせる映像技術「Live2D Euclid」を開発
REVIEW: Casio Selfie-Cam (Me, Myself & I)
Koichi Wakata in Space - AkihabaraNews.com
DIGINFO TV
- 12月 24, 2014
2Dイラストを立体的に360度動かせる映像技術「Live2D Euclid」を開発
2Dイラストを3D空間上で立体的に動かす、独自の映像技術を持つ株式会社Live2Dは、360度の立体表現に対応した新シリーズ「Live2D Euclid」を開発しました。
DIGINFO TV
- 11月 12, 2014
バートンは空中に文字や絵を描画できる空中3Dディスプレイをデモンストレーションしました。同社はプラズマ発光という現象をディスプレイに応用することで、日中野外でも映像を空中に表示できるこの技術を開発しました。
Nayalan Moodley
- 9月 15, 2014
REVIEW: Casio Selfie-Cam (Me, Myself & I)

カシオEX-TR35の奇妙な特徴
まずスペックから見てみると、12メガピクセル、23分の1インチバックライト搭載CMOSセンサーを3.8mm(フルフレームは21mmのそれとほぼ同じ)レンズと併せ、それをコンパクトだがイマイチパッとしないプラスチックのボディーに取り付けていることが分かる。

Editor
- 5月 28, 2014
Koichi Wakata in Space - AkihabaraNews.com
Vol. 27では、若田飛行士がISSの観測用モジュール「キューポラ」から地球への思いを語っているシーンが撮影されました。「キューポラ」は、英語で"半球天井"と意味で、その建築基準が"半球天井"と似ていることから名付けられました。また、スターウォーズ・シリーズに搭乗するミレニアム・ファルコンのコックピットと比べられることも良くあります
2Dイラストを立体的に360度動かせる映像技術「Live2D Euclid」を開発
REVIEW: Casio Selfie-Cam (Me, Myself & I)
Koichi Wakata in Space - AkihabaraNews.com
北川鉄工所はJIMTOF2014において、工作機械にワークを固定する従来のジョー平行引込み式チャックをより進化させ、無段取りを実現するDLLチャックを出展しました。
スギノマシンはJIMTOF2014において、数値制御のロボットハンドで部品を位置決めし、機械加工時に発生する0.6mmまでの微細な切りくずを高圧洗浄できるCNC精密洗浄機「JCC503Robo」を発表しました。
発紘電機は、プログラマブル表示器に仮想専用線、いわゆるVPNルータ機能を搭載したV9シリーズを開発し、機械装置の異常発生時に遠隔地から原因を追究する「Web Machine Interface」サービスを開始しました。
大洋精機はFOOMA Japan 2014において、帯掛け作業を自動化するテーピングマシンCOM JDシリーズを展示しました。JDシリーズは大洋精機独自の反転爪と言うテープ送り機構を使うことで、30ミリ幅の紙テープやフィルムテープを簡単かつ高効率で帯掛けすることができます。
2Dイラストを立体的に360度動かせる映像技術「Live2D Euclid」を開発
2Dイラストを3D空間上で立体的に動かす、独自の映像技術を持つ株式会社Live2Dは、360度の立体表現に対応した新シリーズ「Live2D Euclid」を開発しました。
印南製作所は、緩衝材のない段ボール封筒に商品を自動で梱包する画期的なメール便自動梱包機、エコメールパックIF-EMP450を開発しました。
バートンは空中に文字や絵を描画できる空中3Dディスプレイをデモンストレーションしました。同社はプラズマ発光という現象をディスプレイに応用することで、日中野外でも映像を空中に表示できるこの技術を開発しました。
清水建設技術研究所では大型風洞実験で実施された実験結果を「京」コンピュータ」というスーパーコンピュータを使った超大規模数値流体シミュレー ションにより再現することで、建物の壁面に作用する局部的なピーク風圧値を詳細に予測できる新しい手法の研究開発に取り組んでいます。

北海道大学大学院と理研計算科学研究機構 では、自動車のまわりの空気の流れをシミュレーションする空力シミュレーションの研究をしています。自動車が走行する際に自動車に作用する空気の力を調べ ることは,燃費や走行安定性・安全性の向上に不可欠で、中でも一番重要な空気抵抗をスーパーコンピュータ「京」を使うことで、風洞実験に匹敵する高い精度 でシミュレーションすることが可能となりました。

"今まではシミュレーションというのは、風洞の代わりという事だったんですが、なかなか風洞の性能はでてこない。とい う事で、最後は必ず風洞で実験するけれども前段階でシミュレーションしていた。それに対して風洞実験をそのままシミュレーションに置き換えるようなそうい うシミュレーションが「京」でできるようになります。これができるようになると設計の非常に最初の方の段階で、まだ設計図しかない段階で、これから作る車 の空気的な性能がわかるようになります。"

金田義行氏が研究開発課題責任者をつとめる、HPCI戦略プログラム分野3「防災・減災に資する地球変動予測」地震・津波の予測精度高度化に関する 研究は、「地震課題」、「津波課題」、そして「地震や津波が都市に与える被害を評価する都市の課題」という3つのテーマに関する研究を「京」コンピュータ を中心とするスーパーコンピュータを使い、高精細・高精度な統合シミュレータの構築を目指し、地域の防災・減災対策に役立つような研究を続けています。

"我々は、2011年の東日本大震災で甚大な津波の被害を目の当たりにしたわけですが、これから我々が迎えるであろ う、南海トラフ巨大地震あるいは首都直下地震、これはいずれにしても大きな被害が想定されているわけです。地震や津波のいわゆる広域複合災害という事を考 えた時に、日本列島あるいは西南日本、あるいは首都直下のいわゆる首都圏を非常に精緻に色々なシミュレーションができる。これは非常に素晴らしい事です。 この「京」のようなコンピュータを使うことで、より複雑なそしてより多くのパラメータを使う事で、いわゆる我々が今まで見えなかった現象もある程度見えて くる。そんな事が研究面としては期待できると考えています。"

ページ