有害物質フリー高機能無電解ニッケルめっき

桑名商事は「モノ作り企業ビジネスマッチングフェア」において、国の支援を得て開発した皮膜に有害物質を含まない高機能の無電解ニッケルめっきを展示しました。

"従来の技術ですと、無電解ニッケルめっきの液の安定化を目的として、鉛の化合物を意図的に添加していましたが、それ が皮膜の方にも析出してしまいます。近年環境面、世界的に環境への意識が高まって、そういった有害物質を含まないようなニッケルめっきの開発が進んでお り、弊社も自社で液を開発していますので、絶対的な品質をお客様に保証する事ができます。"

今回開発しためっきは皮膜の着き回り性、膜厚精度、摩擦係数、硬度、耐食性など従来のめっきに比べ同等以上の特性を得ることができます。また、精密なマスキング技術を確立し、金型等に繊細な機能皮膜を付与することが可能となりました。

"弊社の場合、通常の無電解ニッケルめっきを作るだけでなく、そこにさらに自社でオリジナルに機能めっきというところ にも展開しており、皮膜の中にPTFEの微粒子ですとか、窒化ホウ素や二硫化モリブデンといったセラミックスのパウダーを皮膜の中に分散して、さらに滑り とか固さとかを持たせるような技術を展開しています。"

皮膜の開発力に強みを持つ桑名商事は新開発のめっきを金型業界だけでなく、自動車、医療、工学、半導体などの分野にも提供しています。同社は機能性を持っためっき皮膜を開発することで、多様化するニーズに対し積極的に応えていく考えです。

Source: