ネジ山での強力な面着力がもたらす、緩み止め機構のナット

出石は、従来のナットにはない新発想の構造、面による締結を実現した「キングロックナット」を開発しました。

"面での締結というと全面締結という形で弊社では言っているんですけど、全面締結ですので均等に力がかかりますので応 力が非常に少ない形を取れることができます。応力がかかることが少ないとボルトにストレスがかかるのが非常に少なくなりますので折れにくくなったりとか繰 り返し使えるというのが大きなメリットのひとつとなります。"

この図のように、キングロックナットはネジ山の両面でナットに接触するため、面着力が増し、高い締結力を保持します。また、17分間の振動テストに対しても全く緩まず、その後の戻しトルクも測定し、結果検証しています。

"普通ナットですとだいたい戻しトルクが42ニュートンで締めたとしても30ニュートンくらいで戻すようになるんです けど、弊社のナットですと42ニュートンで締めましたら40から50の間くらいの戻しトルクで戻すような形になりますので、それくらい締め付けのトルクが しっかりかかっているというのがデータでもわかると思います。"

キングロックナットの緩み止め効果は、工作機械の主軸やボールねじ、自動扉、射出成形機のサポートベアリングなど、全ての緩んではいけない場所での使用に適しています。(17秒)

"将来的には展望としては緩み止めで困っているユーザーさんを弊社のキングロックナットを使っていただいてそういった問題を解決していただいてよりよい製品を送り出せていけたらなと考えております。"

 

 

Source: