背板貼り機

横浜市の日本自働精機は、ドラッグストア等の店頭で商品を吊り下げるのに使う背板を商品箱に貼付けるための装置を開発製造しています。

"この機械は1分間に35枚の背板を貼ることができます。この製薬メーカ向けには35枚/分のスピードを設定しましたが、既に受注している他のメーカ向けの装置は90枚/分の能力があります。能力は客の一日当りの総生産量に基づき調整し作っています。"

設計者が考えつく独自のアイデアに基づいて設計開発されることが多いため、この種の機械は今まで市場に出回っていませんでした。ユーザの生産能力に対するニーズや設置スペースなどを考慮し全てカスタムメードで作られています。

"箱詰め機は海外でも販売しており、お客様も多くいらっしゃいます。この機械の前に設置される箱詰め機が当社の得意な製品ですので、この機械のような付帯装置としてさらなる販売に結びつけていければ良いと思っています。"

ペットボトルやビンにラベルを装着する機械なども生産している日本自働精機ですが、背板貼り機に関しては製薬業界からの引き合いが中心です。しか し、コンビニなどでも吊り下げて陳列されている商品が数多いことから、同社では今後は食料品関係のメーカなどにもこの機械を広めていく考えです。

Source: 

Related Articles

ページ