携帯型X線撮影装置

横浜市のジョブは携帯型X線撮影装置ポルタシリーズで人間用2機種、動物用3機種の合計5機種を販売しています。同社は1997年から開発をスター トさせ2006年に最初の製品を商用化し、主に海外を中心に販売をしています。小型軽量で耐久性に優れたポルタシリーズは現在横浜工場で生産されていま す。

"これは動物用です。特に馬の足とか、そう言う所を撮影するのに使われています。主に馬ですので、欧州やアメリカ市場に相当数が出ています。ユーザーは動物病院だとか、獣医さん、それから競走馬の牧場などで使われています。"

人間用は2010年から発売しています。動物用と人間用装置の性能に大きな違いはありませんが、日本では薬事法、アメリカではFDA、ヨーロッパではCEマーキングの規制をクリアすることで人間用の販売が実現しました。

"当社は動物用で相当実績を積んでおりまして、すでに動物用で世界で2000台ぐらい販売しています。この技術を人間用に展開して今後人間用の需要が相当見込めますので、これを展開して行く方針です。"

人間用の携帯型用途として在宅診療、病院内の回診、それからドクターカーやドクターヘリなどからの需要が増えることが予想されています。先進国よりも新興国でまだ病院が充分にない所などでの需要の掘り起こしを期待しています。

ジョブは当初、商社経由での海外販売を行っていましたが、社内に輸出部を設けることで現在は直接取引を行っており、販売先はヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアなどから最近は中近東やブラジルへも販路を拡大しています。

 

 

Source: 

Related Articles