若田宇宙飛行士、日本人として初のISS船長に就任!

Koichi Wakata in Space - AkihabaraNews.com

地球低軌道からYouTube動画更新

地球低軌道からYouTube動画更新

現在ISS(国際宇宙ステーション)に長期滞在中の日本が誇る宇宙飛行士・若田光一宇宙飛行士は、毎週YouTubeを通して映像を配信し、地上で生活する私たちに宇宙を知ることができる機会を与えてくれています。

Weekly Video Updates and Ongoing Coverage: Koichi Wakata in Space!

特別編:
若田宇宙飛行士、日本人として初のISS船長に就任

若田宇宙飛行士がISS船長に就任したことを記念して、ヒューストンや筑波と中継を繋ぎ宇宙での就任式が開かれました。フォーマルな宇宙服をまとったISSに滞在する全6名のクルーが集まりました。

第38代ISS船長であるロシアのオレッグ・コトフ宇宙飛行士から引き継ぎ、若田宇宙飛行士は日本人として初のISS船長となりました。ISSでは最高6ヶ月間のみ滞在できるのが通常ですので、船長としての役割を担うのは、若田宇宙飛行士が5月に地球に戻って来るまでの2.5ヶ月間となるでしょう。

若田宇宙飛行士、本当におめでとうございます!以下はJAXAの奥村理事長のコメントです:

 平成26年3月9日、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の若田光一宇宙飛行士が、ロシア宇宙飛行士のオレッグ・コトフ船長から引き継ぎ、第39代目のISS船長に就任したことは非常に喜ばしいことです。

 ISS船長は、宇宙飛行士全員の命とISSミッション全体を預かるという重い責任と、適格な危機管理能力が求められます。若田宇宙飛行士がISS船長に任命されたのは、本人のこれまでの宇宙活動の実績や地上での勤務・訓練時に発揮してきた優れたリーダーシップが高く評価されたものと思います。加えて、宇宙開発活動において日本がこれまで培ってきた国際社会からの信頼の結果であると思います。

 そして、若田宇宙飛行士が、今回の長期滞在で掲げている「和」(ハーモニー)は、日本人が特に重視する美徳の一つです。この「和」の心を持って、世界15ヶ国による国際協力のシンボルであるISSで、アジア初の船長として任務にあたる若田宇宙飛行士の活躍する姿は、日本国民の皆様に共感いただけるものと思います。

 間もなく東日本大震災から三年が経過しますが、先頃ソチオリンピックで明るい話題を提供してくれた日本人選手の姿に続き、若田宇宙飛行士の勇姿が、復興に取り組む皆様に活力や希望を与えるものとなることも併せて期待いたします。

 これまで多くのご協力、ご支援をいただきましたNASA、ロシア連邦宇宙局をはじめとする国内外の関係機関の皆様及び国民の皆様に心からお礼を申し上げるとともに、引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平成26年3月9日

宇宙航空研究開発機構
理事長 奥村 直樹

 

来週も新しい動画をお届けしますので、楽しみにお待ちください!

Images & Stuff: JAXA; NASA; Koichi Wakata

• • •

その他:JAXAのイプシロンロケットに関する過去の記事はこちらから

Source: 

Related Articles