人間の骨格の動きまで再現する 3D人体解剖アプリ「teamLabBody」

 

"今回、大阪大学の整形外科の菅本教授とチームラボが共同で開発した「チームラボボディ」という、生きた人間の関節や動きをもとに作った3D人体解剖アプリを展示しています。"

"10年以上に渡り、生きた人間の関節の動き等をスキャンしてデータを収集して、それを3Dにしています。360°上下左右、いろんな角度から人の体の部位が見れるようになっています。拡大もできますので、かなり細かい所まで見ることができます。"

"また、このバーを下げていくと骨に対してどのように筋肉や静脈、動脈、神経が付いているかというのが分かるようになっています。もうひとつ特徴的なのが、ここの右上を押すと骨モードになりまして、骨格がどうやって動くかというのもこのように見る事ができます。"

"今は、日本語と英語に対応しています。すでに販売されていまして、App Store もしくは、Google Play で購入可能です。"

"病院などですでに導入していただいております。患者への説明の時、インフォームド・コンセントでこのiPadを見せ ながら患者に説明すると、自分の症状に対して体のどこかということや、それが筋肉や神経とどういうふうに繋がっていて、だからここがこうなって悪い、こう したらよくなる、というのが非常に説明しやすく、患者も理解しやすいということで好評いただいています。"

"医療系の大学では、これをデジタル教科書として導入していただいてたりしますので、いろいろな所で活用されています。"

Source by:
チームラボボディ
デジタルコンテンツEXPO 2013

 

 

Source: