パナソニック、世界最小ミラーレス一眼「LUMIX GM」を発売

 

"「LUMIX GM」は、世界最小の非常にコンパクトな商品でして、この中にフォーサーズの16メガのセンサーが格納されています。"

"GX7という商品が先月発売されていますが、それと同じセンサーとエンジンを使っています。その商品は非常に高画質ということで、世界的にもいろんな賞を頂いています。そのGX7の高画質がここに詰まっているという商品になります。"

"ボディはコンパクトながらマグネシウム合金を使っていて、非常に堅牢感のある仕上げになっています。"

"今回新たに電子先幕というシャッターを新開発しまして、GX7のシャッターより80%サイズダウンしています。もうひとつのポイントは、プリント基板を高密度実装しまして、今回のこのサイズを実現しています。"

"ボディだけでなくレンズも非常に小さく仕上げています。レンズは通常使う時はこの状態になっていて、今までのレンズはだいたいこの大きさになっています。だけれども、今回は沈胴機構を新たに取り入れて小型化に成功しています。"

"リングの部分は、先端と斜めのふたつのローレット加工をしています。そして、一番先端の部分はダイヤカットを入れてきらりと光らせるような仕様にしていますので、かなり高級感のある仕上がりになっていると思います。"

"大きく2つのユーザーを考えています。1つは、従来のプロフェッショナルやハイアマチュアの方が、日常使うサブカメ ラとしての位置づけとして、プロやハイアマチュアの方もターゲットとしています。もうひとつは、ハイセンスな方です。よりライフスタイルを充実させようと かより良い物を身近に置いておきたい、自分のセンスに自信のある方をターゲットユーザーと考えています。"

Source by Panasonic

 

 

Source: 

Related Articles

REVIEW: Panasonic GH4 - AkihabaraNews.com
GH3発売当時、プロフェッショナル向け市場をターゲットとしてパナソニックがGH3を売り出していたのは明らかでした。GH2は消費者受けが良い豪華で滑らかな風貌でしたが、GH3は大きいマグネシウム製のボディがまさにダースベーダーのようであり、より人間工学に基づいたデザインとなりました。
Nikon - French alpine brand Millet collaborated camera bags

 

Nikonは、フランスのアルパインブランド・Milletとコラボレーションしたカメラ用バックパック「Nikon×MILLET カメラリュックMARCHE 23」とウエストバッグ「Nikon×MILLET ウエストバッグ」を9月28日から限定発売します。


Nikon×MILLET カメラリュックMARCHE 23
価格: ¥14,700 (税込)
カラー: ブラック、ブルー
素材; オックスフォードナイロン 420HD
容量: インナーボックス無し 23リットル、インナーボックス有り 8リットル
サイズ: W300 x H450 x D170mm
質量: 730g (インナーボックス290g、レインカバー110gを除く)


Nikon×MILLET ウエストバッグ
価格: ¥4,200(税込)
カラー; ブルー、ブラック、パープル
素材; オックスフォードナイロン 420HD
サイズ: W370g x H160 x D70mm
質量: 190g
 

 

Sigma dp2 Quattro Interview - AkihabaraNews.com

ハイテクツールなのに極めて伝統的なワイルドなヤツ

先日開催された「CP+ 2014」(カメラと写真の総合展示会)へAkihabaraNewsも参加してまいりました。最も印象に残ったカメラを選ぶ必要があるならば、まず候補に挙げたいのはSIGMAの【dp2 Quattro】。機能性はもちろん特にユニークな外観が訪れた人の目を引き、多数の展示物の中で目立っていたカメラです。

REVIEW: Casio Selfie-Cam (Me, Myself & I)

カシオEX-TR35の奇妙な特徴
まずスペックから見てみると、12メガピクセル、23分の1インチバックライト搭載CMOSセンサーを3.8mm(フルフレームは21mmのそれとほぼ同じ)レンズと併せ、それをコンパクトだがイマイチパッとしないプラスチックのボディーに取り付けていることが分かる。

 

「neurocam」は、興味を感じたものを自動的に記録する、世界初のウェアラブルカメラです。

脳波センサーを搭載したヘッドセットとiPhoneからなり、額のセンサーで取得した脳波から興味を感じたかどうかを推定して、興味を感じたと思われる場面をiPhoneのカメラで撮影します。

意識的にシャッターを切る必要がなく、装着するだけで自動的にアルバムに記録され、後から興味を示した場面を閲覧することができます。

"今、プリズムでiPhoneのカメラから私の視線の先のものがそのまま写るようになっています。その写った物を iPhoneの画面に映して、まるで私の頭の中が見えている状態になっているかと思います。脳波をiPhoneのアプリで解析していまして、そのアプリで 「気になる度」というのを0から100まで定量化しています。60を超えると数字が赤くなって、自動的にレコーディングが始まり、5秒間のGIF動画が作 成されます。"

"今回解析とカメラが一台でできるということで、この形を採用しています。ただ、これはコンセプトモデルなので、今後はウェアラブルカメラになっていくだとか、いろんな可能性は考えられると思います。"

Panasonic DMC-XS3 Lumix

 

Panasonicから、本体の最薄部約14mmと大変スリムでクラシックカメラのような高級感あるコンパクトデジタルカメラ「DMC-XS3」が8月22日に発売されます。

高感度MOSセンサー、広角24mm、光学5倍ズームレンズを搭載しています。また、有効画素数1410万画素の高感度MOSセンサーとヴィーナスエンジン採用により、薄暗い環境でも高画質な写真を撮影可能。

撮影後にフィルター効果がかけられる「クリエイティブコントロール/クリエイティブレタッチ」やパノラマ撮影でフィルター効果を楽しめる「クリエイティブパノラマ」、女性に嬉しい「ビューティレタッチ」など思い通りの写真を撮影できます。

サイズ:     約92.2 x 54.4 x 18.5mm
質量: 約89g(本体)
撮像素子: 1/2.33型 総画素数1530万画素高感度MOSセンサー 原色フィルター
カメラ有効画素数: 1410万画素
モニター: 2.7型 23.0万ドット TFTモニター 視野率約100%

 

Via: Panasonic

Canon - New style video camera good for taking artistic active self-shots

 

Canonから、ダンスや演奏などのクリエイティブな自分撮りができる、新しいスタイルのデジタルビデオカメラ「iVIS mini」が9月17日に発売されます。

対角約170°(静止画撮影時)対角約160°(動画撮影時)のワイドアングルレンズを搭載したことによって狭い室内でも隅々まで撮影可能。様々なアングルに対応するバリアングル液晶モニターや、底部にはティルト式(最大約60°)のスタンドを搭載。高感度CMOSセンサー(約1,280万画素)、映像処理エンジンにはDIGIC DV 4を採用しました。

ミラーイメージ記録、上下反転記録、スロー記録、インターバル記録など、動画をより面白くできるように様々なモード、Wi-Fi機能やスマホなどをカメラのリモコンにする機能付き。

価格: ¥29,980(税込)
カラー: ブラック、ホワイト
記録メディア: microSDカード(1スロット)
画面: タッチパネル液晶(2.3型、約23万ドット)
サイズ: 76×22×96 mm
質量: 160g(本体のみ)

 

 

先日、Sonyのスマホ連携向けのCyberShotレンズ型デジカメ「DSC-QX100」「DSC-QX10」がIFA2013で発表されましたが、国内での正式な発売日が10月25日に決定しました。

市場想定価格は、上位モデルの「DSC-QX100」が約55,000円、光学10倍ズーム高倍率モデル「DSC-QX10」が約¥25,000円。

別売りのアクセサリーとして、レンズ交換式カメラのようなスタイルで装着できる"Xperia Z"専用のアタッチメント「SPA-ACX1」が¥3,255円、「DSC-QX100」用キャリングケースが¥3,780、「DSC-QX10」用キャリングケースが¥3,255円。全て10月25日に発売されます。
 

Canon - 6 new Powershot camera models will be out (Part 2)

 

CanonのPowerShotから、F1.8のレンズ搭載・世界最薄モデル「PowerShot S120」を含む新しい6機種が発表されました。前回の3機種に引き続き、残りの3機種をご紹介します。

 

PowerShot SX510 HS
手のひらサイズのコンパクトボディーながら、高倍率の光学30倍ズーム。Wi-Hi対応。画像処理エンジン「DIGIC 6」と高感度CMOSセンサーに加え、撮影領域をさらに広げる「HS SYSTEM」搭載。

Casio - New EXILIM camera with improved image stabilization

 

Casioのデジカメ「EXILIM」シリーズより、手ぶれ補正を強化し、3.0型チルト液晶(92万画素)を搭載した「EX-ZR1100」が9月20日に発売されます。2012年11月発売の「EX-ZR1000」をベースに、手ブレ補正を改良した機種。

1/2.3型正方画素高速CMOS(総画素数1,679万画素)、光学12.5倍ズームレンズのレンズを搭載。映像エンジン「EXILIMエンジンHS Ver.3」を採用したことにより、高速起動0.99秒、AF0.15秒、レリーズタイムラグ0.015秒、撮影間隔0.25秒という高速動作を実現しています。

カラーは4色。ホワイトとブラックは9月20日に発売し、ピンクとイエロー(11月上旬)に発売となります。

価格: オープン価格
サイズ: 107.5mm x 61.5mm x 36.7mm
質量: 216g(電池とメモリーカード除く)

 

 

 

ページ