触れないで操作できる空中タッチディスプレイ

Akihabaranews.jp - Diginfo.tv - Asukanet - 触れないで操作できる空中タッチディスプレイ

アスカネットが開発したAIプレートは、通過した光を空中に結像させることができる次世代の表示デバイスです。

このデバイスと最新のセンサーを組み合わせる事で、空中でタッチする動作で、空中に映し出した映像を操作する事が可能になります。

プレート面から45度を基軸として±20度が視野角となり、その方向にいる人のみ映像が見えます。銀行ATMにこのシステムを適用すれば、操作して いる人の映像を横から見る事ができないので、覗き見防止になります。さらにデバイス自体に触れることがないので、指紋が付かないというメリットもありま す。

"当社が開発したAIプレートは一見単なるガラスのように見えますが、実は中が2回くらい光が反射するようになってい る光学的なデバイスです。通常鏡は、物が鏡に映って終わりなんですが、AIプレートは、プレートを通り抜けて反対側の同じ距離に結像します。残念ですが、 2Dのカメラで撮影すると空中に浮いているものが実際に浮いて見えなくて、ガラスに貼り付いてように見えてしまいます。"

"このプレートの使い方としては、1つはデジタルサイネージで空中に広告を出すというのもあるんですが、今回は特にセ ンサーと組み合わせてインタラクティブにしたら何に使えるかというのがテーマです。例えばトロとかいくらとかお寿司が空中にあって、それを注文すると POSになっていてオーダーできます。これの最大の特徴は、スイッチを切ってしまえばそこには何もない平らなテーブルになりますから、そこで食事ができた りします。"

このAIプレートの進化形として、新しい技術も紹介しています。

"新しい技術というのは、フォーカスフリーのピコプロジェクターを使って、前後に動く物を作ろうというもので、例えば スロットマシンの中で今まで横にしか動いていなかったスリーセブンを縦に動かすというような技術の試作品であるとか、あるいは従来は1:1の距離で結像す るので、深い距離が必要だったんですが、これを1:nにして結像位置に対して浅い光源にするにはどうするかといった新しいチャレンジをしています。それは まだ画質が揺らいでたりとかまだ現実的にはなっていません。"

"実は自動車メーカーの大半、住宅メーカー、アミューズメント、特にスロット関係、多くの所に試作品を納めていますの で、皆さんモック版は作られていると思います。いろんなメーカーがそれを使ってどういう製品が作れてどういう販売ができるのかというのを研究して頂いてい る段階です。"

 

Source: 

Related Articles