Kinectを使った重度障害者活動支援システム「OAK」

Oak

 

"これはOAK(オーク)という製品で、東京大学 先端科学技術研究センターが日本マイクロソフト社の協力を得て共同で開発した、重度の身体障害のある方向けのソフトウェアです。"

"Kinectというカメラは、3次元的に人がどの位置にいるのかどんなポーズをしているのかというのが分かります。 その機能を使って作ったのが私たちが「エアスイッチ」と呼んでいるシステムです。これは、仮想のスイッチを空中に描くことができます。例えば頸髄損傷で首 から上しか動かない方の顔の横にスイッチを設置して、体のどの部分でもいいのですが、例えば頭が入るとこのようにスイッチが入ります。"

"エアスイッチは、距離を読むものですが、色の変化を読む「モーションヒストリー」という機能があります。人が動いた ということを認識するとその部分に色を付けます。例えば、このモーションヒストリーで口が動くということが分かったとしたら、口の近くににスイッチを貼っ てみるということができます。実は今結構動かしていますが、1ミリ動くか動かないかくらいの精度で読み取る事ができます。ですから、これまで全然動かない といわれているような人たちが、実は肩のあたりが動いたとか科学的なデータをもとに、可能性をもっと引き出せると思います。"

"最後は顔の動き(フェイススイッチ)です。多少首が動いてもずっとついてきます。口を開くとスイッチが入ります。これは、口の動きだけではなくて、舌の出し入れや瞬き、顔の角度をスイッチにすることもできます。"

"これは、今年の4月から販売しています。もうすぐ北米やヨーロッパでも販売する計画が進んでいるところです。"

Source by:
アシスト・アイ
東京大学
日本マイクロソフト
国際福祉機器展 H.C.R.2013

 

 

Source: