ポルシェ - PHVスーパーカー「918スパイダー」量産モデル初披露

 

車好きな方なら一度は憧れるドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェ。この度、日常で使用できるように設計された、圧倒的でダイナミックなスーパーカーを、コンパクトカー並みの低燃費で実現した今までにない新しいポルシェが誕生しました。

ポルシェは9月9日夜(日本時間9月10日未明)、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー13において、『918スパイダー』の量産モデルを初公開しました。

2010年のコンセプトカーの発表から3年を経て、市販向けに作られた918スパイダーは、最大出力608ps/8700rpmで排気量が4.6リットルのV8エンジンを搭載。さらに2個の電気モーターを組み合わせたPHVシステムを利用した、新型プラグインハイブリッドスーパーカー(PHV)です。それぞれのモーターの最大出力は、フロントが130ps、リアが156ps。エンジンとモーターを合わせた出力は887ps、トランスミッションは7速PDK。

二次電池は、蓄電容量6.8kWhのリチウムイオンバッテリー。918スパイダーは、「Eパワー」と呼ばれるEVモードを備え、最大約30kmをゼロエミッション走行が可能となりました。EVモードの効果で、欧州複合モード燃費は33.3km/リットル。

オプションの急速チャージャーを使えば、およそ25分で充電することができます。

同車は2015年モデルとして売る出される予定。

Photo by Respose
 

Source: