一度聞いたらJiiの虜「USBライター Jii! Jii! Jii!」

 USB lighter "Jii! Jii! Jii!" - Cute, eco and convenient

 

株式会社ライテックから発売中のUSB充電式電熱線ライター「Jii」のテーマソングが話題になっています。

一度聞いたら頭から離れないので気をつけて!

さぁ皆さん一緒に、「USBライター Jii! Jii! Jii!〜♪」

 

Source: 

Related Articles

REVIEW: Panasonic GH4 - AkihabaraNews.com
GH3発売当時、プロフェッショナル向け市場をターゲットとしてパナソニックがGH3を売り出していたのは明らかでした。GH2は消費者受けが良い豪華で滑らかな風貌でしたが、GH3は大きいマグネシウム製のボディがまさにダースベーダーのようであり、より人間工学に基づいたデザインとなりました。

Yoriko Takahashi - 8月 22, 2013

天神祭—“ギャル神輿”

日本の祭りの目玉である神輿(みこし・御神輿)は力強く活気があり、その様は見ている人々を湧かします担ぎ手のほとんどはその地域の男性です。元気な商店街のおじさんや若者はもちろん、普段は物静かな人も神輿を担ぐと強くて逞しい祭り人になり大通りを闊歩します。

日本三大祭りの一つである大阪の“天神祭”では、“天神祭女性御神輿” 通称“ギャル神輿”が行われます。担ぐのは選考会で選ばれた女性のみ。男性に代わって大阪の夏を盛り上げます。

Akihabaranews.jp - Diginfo.tv - Asukanet - 触れないで操作できる空中タッチディスプレイ

アスカネットが開発したAIプレートは、通過した光を空中に結像させることができる次世代の表示デバイスです。

このデバイスと最新のセンサーを組み合わせる事で、空中でタッチする動作で、空中に映し出した映像を操作する事が可能になります。

プレート面から45度を基軸として±20度が視野角となり、その方向にいる人のみ映像が見えます。銀行ATMにこのシステムを適用すれば、操作して いる人の映像を横から見る事ができないので、覗き見防止になります。さらにデバイス自体に触れることがないので、指紋が付かないというメリットもありま す。

"当社が開発したAIプレートは一見単なるガラスのように見えますが、実は中が2回くらい光が反射するようになってい る光学的なデバイスです。通常鏡は、物が鏡に映って終わりなんですが、AIプレートは、プレートを通り抜けて反対側の同じ距離に結像します。残念ですが、 2Dのカメラで撮影すると空中に浮いているものが実際に浮いて見えなくて、ガラスに貼り付いてように見えてしまいます。"

慶應義塾大学理工学部情報工学科 遠山研究室では、ITを支えるデータベースの技術をシンンプルで効率よく運用できるように3つの視点からアプローチをしています。 拡張、結合、応用、この3つの視点から新しいシステムを構築、実装を目指して研究しています。

"まず最初にSQLの拡張ということで、まさにその名の通りですけれどもスーパーSQLと言う言語を開発しています。 SQLというのはデータベースから情報を取り出す、そしてそれを合成するというような働きを持っていますけれども、取り出した情報を例えばウェブで使うた めには、更にそこでプログラムを書いてウェブに変換するという事をしなければなりません。スーパーSQLはデータベースからデータを取り出すだけではなく て、それを最終的な利用できる形に加工するまでの事を一つの言語の中で行う、そういう目的の言語です。"

遠山研究室で開発が進められているスーパーSQLは研究室でも歴史が古く、多くの学生が研究に携わってきました。近年では、実用化が進み、このスーパーSQLで構築する事によって既存のHTML+より少ないコード量で様々な端末のwebアプリが生成可能です。

REVIEW: Casio Selfie-Cam (Me, Myself & I)

カシオEX-TR35の奇妙な特徴
まずスペックから見てみると、12メガピクセル、23分の1インチバックライト搭載CMOSセンサーを3.8mm(フルフレームは21mmのそれとほぼ同じ)レンズと併せ、それをコンパクトだがイマイチパッとしないプラスチックのボディーに取り付けていることが分かる。

慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科 伊香賀研究室では、私たちの生活基盤である建築・都市のサステナブルデザインを軸に、­快適で健康を増進させる居住空間の実現方法から地球温暖化の対策ま で幅広い研究を行っ­ています。現在はその中でも健康、知的生産性、低炭素という大きな三つの枠組に力を入­れています。

"例えば健康というテーマで行きますと、私達が日々暮らしている自分の家、その家が例­えば冬に寒いとか、夏に暑いと か、そんな環境で暮らしていますと例えば、寒いと血圧が­上がって色んな病気の原因になるとか、あるいは暑いと良好な睡眠がとれなくて睡眠不足­になっ て、それが原因で色んな病気になるとか、という事が分かってきています。伊香賀­研究室では実は、血圧の測定とか睡眠の測定とか、あるいは心電図をとって 自律神経の状­態を見るとか、そういった研究を医学部の先生と一緒に、ご自宅を訪問して、一般の住民­の方に測定に協力をしてもらったりしています。"

現在のネットワーク技術ではネットワークの効率性をいかに上げていくかといったところに注目した研究が広く行われていますが、慶應義塾大学理工学部情報工学科 金子研究室ではアプリケーションの視点から次世代ネットワーク環境を築くための研究を行っています。

"これまでのネットワークの進化を考えていくと、一番最初に電信技術があって、電話の技術があって、インターネット、 そして今次何かという事を研究している訳ですが、電信から電話に来る時に、何がイノベーションになったかというと、新しいネットワークの利用方法、それは 口でしゃべったものが相手に伝わるというところが一番大きいイノベーションだったわけです。電話からインターネットになった時には、何がイノベーションに なったのかと言うと、コンピュータが直接別のコンピュータにデータを送れるようになった。そこがイノベーションなわけです。新しいものが何なのかと言った ところを見ずして、新しいネットワークの形を生み出していく事は難しいというわけで、我々はどこに注目しているかというと、次に必要なアプリケーションは 何なのかといったところを見出していく。そこに注力をあてていく点が他の研究室とは大きく異なるところです。"

慶應義塾大学理工学部情報工学科 松谷研究室では、データセンター、クラウド、ビッグデータ向けの大規模ネットワークから、チップ内ネットワークのような微細なネットワークまで、様々なスケールのネットワークを研究しています。

"当研究室では、ビッグデータ利活用のための計算機基盤として、現在主として四つの研究を行っております。一つ目は、 ビッグデータを利活用するためのデータベースの高速化の研究です。具体的には、No SQL、構造化ストレージと呼ばれているスケーラビリティの高いデータベースをハードウェアを用いて高速化するという研究を行っています。"

松谷研究室ではデータベースの高速化のために、10ギガビットイーサネットを4本備えたFPGAボードを用いて、構造型ストレージの専用ハードウェアを開発しています。実際の顔認識システムから送られてくる人物情報を蓄積し、これを高速に検索できます。

外出中、飼い猫の様子が心配になりませんか?

家族の一員である飼い猫の食習慣や健康が気になる飼い主に向けて、カリフォルニアのサンマテオに拠点を置くスタートアップ企業がネコの顔認識機能を備えた餌やり機「Bistro」を発表しました。

Bistroには、飼い猫の食事をモニターできるカメラが内蔵され、飼い主は専用アプリをインストールしたスマートフォンでその映像を確認することが可能。映像だけではなく、餌や水の摂取量や体重、過去の履歴までチェックことができます。

驚くべきことに、複数の飼い猫がいる場合にでもネコの顔認識機能は各々の顔を認識しますので、データが混ざってしまうことはありません。

Bistroの販売価格は$249。現在はクラウドファンディングIndiegogoサイトにて資金調達を行っており、キャンペーン期間終了である8月14日までに目標額である$100,000を目指しています。

Bistro プロモーション用動画(英語)

東京大学及び富士通の研究グループは、分子モーターの動作原理の数理モデルから心臓の拍動を再現できるシミュレータを開発しました。これによりミク ロレベルの分子とマクロレベルの心臓を結んだ研究が可能となり、基礎医学および臨床医学の分野に実用するための高度な予測が可能となりました。

"私自体が担当しているのは心臓の機械的な動きと言いますか、力学的な動きを筋肉を収縮させる元になっている分子の振 る舞いをもとに、そういう大きなコンピュータのパワーを使って計算しようというそういう試みをしています。 今まではどうしても計算パワーの問題から分子の振る舞いのモデルから出発するときにどうしても重要な部分を省略して計算しないといけなかったので、 なかなか正確な計算ができなかったんですけども、「京」の計算力を利用してそのまま素直に分子一つひとつをシミュレーションして、それを心臓の筋肉の中に 埋め込んで拍動させるということが出来るようになりまして非常に自然な心臓の動きが素直に再現できるようになったと考えています。"

太平環境科学センターは今まで人が行っていた一般細菌や大腸菌検査をロボットを使い自動化するシステムを開発しました。このシステムはロボットを3 台使い、サンプルの分取、寒天の注入・混釈・凝固・反転、それに培養機への挿入を完全自動化するもので、ヒューマンエラーを防止し、検査の正確さと処理能 力を格段に向上しました。

"まず装置は無菌状態に近いという事が重要なので、ペット樹脂とアルミフレームで囲まれたものに入っていまして、そこ に入ってくる空気は、0.3ミクロンのヘパフィルターを通して来ますので、ほとんど細菌等は入ってきません。そういった非常にクリーンな環境で検査をやり ます。"

このシステムは従来の人による作業に比べ1.5倍早く、サンプル100検体を約2時間で行うことができます。またすべてのサンプルをQRコードで管 理することで、書き間違いや取り間違いといったヒューマンエラーを防ぎます。現在のシステムは飲料水の一般細菌と大腸菌の検査用ですが、ユーザーに合わせ て設計可能であり、従属栄養細菌や様々な細菌検査に応用することが可能です。

大阪には昔から数多くの製薬企業があります。2013年に誕生したグランフロント大阪にオフィスを構えるNPO法人バイオグリッドセンター関西は、 現在、スーパーコンピュータを利用して薬品を創るインシリコ創薬と呼ばれる新たな基盤構築のプロジェクトに大学や製薬企業とともに取り組んでいます。これ まで医薬品の開発には長い年月と巨額の費用がかかってきましたが、インシリコ創薬では「京」コンピュータを用いる事で大きく効率化する研究が進められてい ます。

"もともとスーパーコンピュータとバイオ分野の融合という事で始めたんですけど、ちょうど2011年頃にですね、スパ コンの「京」が神戸に出来るという事を受けて、じゃあ製薬産業、創薬産業でスパコンを使った産業利用が出来ないかという事で、ちょうど京が共用開始になる タイミングに合わせて我々もプロジェクトメイキングして産業利用という事で手を挙げさせて頂いた。" バイオグリッドセンター関西は京都大学の奥野教授が「京」を利用して開発されたIT創薬と製薬会社とを繋ぐ架け橋となる活動をしています。「京」インシリ コ創薬基盤の構築のプロジェクトでは11社の製薬企業が参画し、プロジェクトの下で企業の壁を越えた議論が日々成されています。

出石は、従来のナットにはない新発想の構造、面による締結を実現した「キングロックナット」を開発しました。

"面での締結というと全面締結という形で弊社では言っているんですけど、全面締結ですので均等に力がかかりますので応 力が非常に少ない形を取れることができます。応力がかかることが少ないとボルトにストレスがかかるのが非常に少なくなりますので折れにくくなったりとか繰 り返し使えるというのが大きなメリットのひとつとなります。"

この図のように、キングロックナットはネジ山の両面でナットに接触するため、面着力が増し、高い締結力を保持します。また、17分間の振動テストに対しても全く緩まず、その後の戻しトルクも測定し、結果検証しています。

"普通ナットですとだいたい戻しトルクが42ニュートンで締めたとしても30ニュートンくらいで戻すようになるんです けど、弊社のナットですと42ニュートンで締めましたら40から50の間くらいの戻しトルクで戻すような形になりますので、それくらい締め付けのトルクが しっかりかかっているというのがデータでもわかると思います。"

 

"「LUMIX GM」は、世界最小の非常にコンパクトな商品でして、この中にフォーサーズの16メガのセンサーが格納されています。"

"GX7という商品が先月発売されていますが、それと同じセンサーとエンジンを使っています。その商品は非常に高画質ということで、世界的にもいろんな賞を頂いています。そのGX7の高画質がここに詰まっているという商品になります。"

"ボディはコンパクトながらマグネシウム合金を使っていて、非常に堅牢感のある仕上げになっています。"

"今回新たに電子先幕というシャッターを新開発しまして、GX7のシャッターより80%サイズダウンしています。もうひとつのポイントは、プリント基板を高密度実装しまして、今回のこのサイズを実現しています。"

"ボディだけでなくレンズも非常に小さく仕上げています。レンズは通常使う時はこの状態になっていて、今までのレンズはだいたいこの大きさになっています。だけれども、今回は沈胴機構を新たに取り入れて小型化に成功しています。"

慶應義塾大学理工学部情報工学科 萩原(研究室では、会話のできるロボット頭脳、すなわち、画像やことばを理解し、人間との思いやりのあるコミュニケーションを行えるロボット頭脳の実現を目指しています。

"今でもロボットは大変に進歩していまして、制御部分に関しては非常に発展しております。ところが頭脳に関しての研開 発は非常に遅れていると私たちは思っております。そこでどのような機能が必要か考えてみますと、まず人間が行うのが視覚の情報処理です。見た物を処理す る、それから次に人間が持っている言語です。人間は言語能力を駆使する事によって大変高度に知的な処理を行う事ができます。また見たものを理解でき、そし て言葉を操る事ができても、足りないものが一つあります。それは感情や情緒です。第三の柱として感性工学の研究を行っております。"

萩原研究室では、人間の脳の情報処理に学ぶアプローチを取り、視覚情報処理、言語情報処理、そして感性情報処理の3つの要素に着目しながらロボット頭脳の構築を目指しています。さらに大切なことは、これらの3要素を統合していく事です。

ページ