Android搭載モバイルクリエイティブタブレット「Cintiq Companion Hybrid」

Wacom Cintiq Companion mobile creative tablets

 

"私どものCintiqは、従来Windowsパソコン、Macパソコンどちらかに接続してお使い頂く商品でした。今 回のCintiq Companionは、このCintiq自体にAndoroidタブレットの機能またはWindowsパソコンの機能を搭載した商品として新しく発表しま した。ですので、皆さんがデスクトップやノートパソコンに縛られる事なく、外出先でも打合せ先でもスタンドアロンで操作できるタブレットとしてできまし た。"

"実際にアイデアを思いついた時にその場で是非制作したい、あるいは仕事場の中じゃなくて、もっと自由な空間で自由な発想が生まれやすいので、できれば外ですぐクリエイトしたいという要望が寄せられていました。"

"私どもの製品を使って最高のクリエイティブワークを目指されるプロの方、アマチュアの方、イラストそれからCGをより効果的に制作したいクリーエーターの方にお届けしたいと思います。"

"Android版だと、バッテリー容量によって1.7kgと1.8kgのモデルがございます。付属のスタンドをあわ せるとだいたい2kgくらいの重さになります。実際にこのように片手で持つ事ができますし、専用のアプリケーションを操作して、実際にイラストレーション ができます。しかもCintiqと同じ2048レベルの筆圧をサポートしていますので、全く同じ環境でスタンドアロンでお使い頂けます。"

"Android版のモデルにはデスクトップモードが搭載されていて、パソコンに繋いで通常のCintiqとして使用できます。そして、モバイルで作成したデータを同期させて、パソコンでさらに作り込むデータとして流用できるようになっています。"

"Android版に関しては、9月下旬に発売します。お値段は、ハイモデルが168,000円、ローモデルが 158,000円です。Windows 8搭載モデルは、10月発売予定です。こちらは、ハイエンドモデルが248,000円、ローモデルが198,000円となります。"

 

Source: CEDEC2013 , Wacom

 

Source: