Honda - 栃木県に新テストコースとメガソーラーを建設

Honda - 栃木県に新テストコースとメガソーラーを建設

 

本田技研工業(以下ホンダ)は8月8日、栃木県さくら市に所有する敷地に、新たにテストコースとメガソーラーシステムを建築する計画を発表しました。
 
2007年、ホンダは一周4キロメートルの高速周回路を中心とした大規模テストコースを建設を発表しましたが、08年のリーマンショックの影響で建設を延期していました。
 
そこで今回、自動車産業を取り巻く環境や市場ニーズの変化を受けてテストコースの目的と規模を変更し、先進安全新技術の開発を行うための新コース(25ヘクタール)を建設します。
 
また開発プロジェクトのもう一つは、同じ敷地内に10メガワットの発電能力を持つ太陽光発電システムの設置です。33ヘクタールの敷地に7万枚のパネルを設置。2015年から売電を行う予定です。
 
環境保全のためにビオトープを整備し、地域住民の方々にも楽しんでもらうため公開する計画もしています。
 
ホンダはこのプロジェクトを通して、安全・安全の技術開発をすると共に、世界的な環境問題の気候変動とエネルギー問題を最重要課題として進め、そして再生可能なエネルギーの使用を促進して広めていくことを発表しました。
 
Source: