2Dイラストを立体的に360度動かせる映像技術「Live2D Euclid」を開発
REVIEW: Casio Selfie-Cam (Me, Myself & I)
Koichi Wakata in Space - AkihabaraNews.com
DIGINFO TV
- 12月 24, 2014
2Dイラストを立体的に360度動かせる映像技術「Live2D Euclid」を開発
2Dイラストを3D空間上で立体的に動かす、独自の映像技術を持つ株式会社Live2Dは、360度の立体表現に対応した新シリーズ「Live2D Euclid」を開発しました。
DIGINFO TV
- 11月 12, 2014
バートンは空中に文字や絵を描画できる空中3Dディスプレイをデモンストレーションしました。同社はプラズマ発光という現象をディスプレイに応用することで、日中野外でも映像を空中に表示できるこの技術を開発しました。
Nayalan Moodley
- 9月 15, 2014
REVIEW: Casio Selfie-Cam (Me, Myself & I)

カシオEX-TR35の奇妙な特徴
まずスペックから見てみると、12メガピクセル、23分の1インチバックライト搭載CMOSセンサーを3.8mm(フルフレームは21mmのそれとほぼ同じ)レンズと併せ、それをコンパクトだがイマイチパッとしないプラスチックのボディーに取り付けていることが分かる。

Editor
- 5月 28, 2014
Koichi Wakata in Space - AkihabaraNews.com
Vol. 27では、若田飛行士がISSの観測用モジュール「キューポラ」から地球への思いを語っているシーンが撮影されました。「キューポラ」は、英語で"半球天井"と意味で、その建築基準が"半球天井"と似ていることから名付けられました。また、スターウォーズ・シリーズに搭乗するミレニアム・ファルコンのコックピットと比べられることも良くあります
2Dイラストを立体的に360度動かせる映像技術「Live2D Euclid」を開発
REVIEW: Casio Selfie-Cam (Me, Myself & I)
Koichi Wakata in Space - AkihabaraNews.com
慶應義塾大学理工学部情報工学科今井研究室では、コニュケーションを容易にする三つの研究を 行なっています。知能ロボット、テレプレゼンスロボット、そしてセンサーを人に取り付けコンピュータを使い易くする技術の研究です。
桑名商事は「モノ作り企業ビジネスマッチングフェア」において、国の支援を得て開発した皮膜に有害物質を含まない高機能の無電解ニッケルめっきを展示しました。
生命情報学科・牛場准教授は、シソット研究員と共に、ブレイン・マシン・インターフェイスによって擬似的に身体構造を強制拡張し、個体群が新奇な身体と環境へ適応する過程を自然科学的に調べることで、知性を持った生物が新たに獲得した知識情報の遺伝と進化のメカニズムを明らかにしようとしています。
神峰精機は「モノづくり企業ビジネスマッチングフェア」において、国の支援を得て開発中のネットシェイプ技術を使い高品質、低コストの自動車用動力伝達装置、いわゆるデファレンシャルギヤー、などを製造する技術を展示しました。
慶應義塾スマートネットワーク研究センターは情報工学科の山中直明教授を代表にIT技術を用いたスマートな社会、特にスマートグリッドや次世代の電力制御網の研究を行っています。 そのスマートグリッドの中でインフラを持たない電力会社EVNOとその制御技術としてP2Pのプロトコルを使った新しい電力ネットワークシステムを提案しています。
アプライド・ビジョン・システムズは「モノづくり企業ビジネスマッチングフェア」において、現在開発中のX線の透視装置を使った多層基板解析システムを展示しました。国の支援を得て開発されているこのシステムはX線ステレオ撮影により3次元計測を行うことで多層プリント基板内のパターンを層ごとに分 離・図化します。
慶應義塾大学理工学部応用化学科 鈴木・チッテリオ研究室は、新たなセンシング材料と化学センサー開発を中心とした研究に取り組んでいます。 専門とする分析化学だけではなく、有機化学,無機化学,生物化学などの様々な分野を融合した研究から、実用性の高い化学センサー開発を行っています。
慶應義塾大学 理工学部 杉本研究室では、ユーザーの認知や実環境の操作対象の状態を考慮したインタラクションを実現する拡張現実感環境の研究を行っています。
KiPAS(慶應義塾基礎科学・基盤工学インスティテュート)の主任研究員の一人、物理学科の大橋洋士教授は猪谷太輔研究員とともに超伝導、超流動現象を中心に、粒子間に働く相互作用が重要な役割を果たす量子凝縮現象の理論研究を行っています。
慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科 西研究室では、インターネットや様々なデバイスを中心とした情報通信網が浸透した、その先に来るべき社会を見据えた研究を進めています。

ページ